ホーム > 入塾の方法等

入塾の方法等

Q.入塾するためにはどうしたらよいですか?
A.入塾までの流れは①お問い合わせ②体験授業③ご面談④授業スタートとなります。まずは048-997-8888にお問い合わせください。ハタ塾新越谷校、ゴーエン八潮校共通の電話番号です。新越谷校に関しましては、教室が大きくないため初年度から定員制となる可能性がございます。確定ではないのですが、小学生募集なし、中1生募集なし(2学期ごろから募集開始)、中2生10名、中3生15名、高1生募集なし、高2生若干名、高3生若干名程度です。お早目のお問い合わせをお願いいたします。
Q.入塾するとどれくらい成績があがるのですか?
A.一概にはこたえられません。(入塾の時期や入塾時の点数や科目で差がでます。データはとっていますので、ご面談時に平均はお答えできます。)ただ、実際にこれくらい成績があがりました
Q.入塾してから成績が上がるまでにどのくらいかかりますか?
A.一概にはこたえられませんが、入塾後2回の定期テストが終わるころです。よくあるパターンはこのくらいです

   Q.個別指導、集団指導、家庭教師どれがよいですか?

A.それぞれ、メリットとデメリットがあります。ただ、八潮で長年指導してみて、八潮近辺にお住まいの方だと個別指導がよい方が多いです。理由はおって説明いたしますが、 八潮でこの21年間に塾長畠山が集団指導も個別指導も家庭教師もそれぞれやってみて、八潮の公立中学の定期テストが30点~80点の生徒様だと、個別指導で一番安定してどの生徒も成績が上がったからです。まず、集団指導ですが、同じ成績の人が集まって切磋琢磨しあう点がメリットなのですが、八潮地域だと中学生数と通塾率と塾数から考えて、同じくらいの成績者を6人以上の集団にして1クラスつくることが中3以外だと困難です。(生徒数が200人以上いるような校舎だけは可能ですが、八潮にはそこまで生徒数が多い塾がありません。)そうなると、クラス内でかなり学力差がある状態になります。これではクラス全体の成績を上げるのが構造的に困難です。学力差があっても「点数が60~70点の生徒の成績を上げる」など、焦点をあてた一部の生徒だけを上げることはできます。実際、私はクラスの中の一部の生徒の成績を上げることはできました。ただ、大半の塾講師が学生であることも考えると、学力差があるクラスの全体的な成績向上は現実的には厳しいです。では、中3から塾に入る場合なら、八潮地域でも集団指導を選んでもよいのでは?と考えるかもしれませんが、受験までの残り時間や3年1学期の成績表の重要さを考えると、成績の上がる早さがずっと早い個別指導になると思います。集団指導のもう1つのメリットは授業料を安くできることですが、現状、ゴーエンの4教科の指導料金が集団塾とほぼ同じです。次に家庭教師ですが、いい先生に当たればいいですが、確率的に良い先生が来ません。多少いるのですが、すぐその先生のスケジュールはいっぱいになってしまいます。私も学生のとき、八潮で家庭教師をやっていたのですが、担当生徒が多くなりすぎ途中からすべてお断りしていました。良い先生がいない理由は、塾の講師にくらべて家庭教師の実質平均時給が低いので、一般的には優秀な学生はまず塾講師に応募してしまうからだと考えられます。もう1つの理由は、塾講師は’場数を踏める’ので指導の上達が早いですが、家庭教師は移動時間もあり1日に2人くらいの指導が限度で指導の上達速度に難があります。最後の理由は、特に八潮市に関しては、大学生の数自体がすごく少ないからです。良い家庭教師に確率高く当たるために、プロ家庭教師を頼むという選択肢もなくはないのですが、月謝が高額です。私が社会人になってからプロ家庭教師のサイトに登録したとき、ご家庭が本部に支払う時給(私が頂く時給ではなく)は当時1時間12000円くらいでした。最後に個別指導ですが、結局21年間やってみて、成績のあがる早さ・確率と料金などトータルでみて八潮市近隣では大多数の公立中学生にとって一番よい形態であったため現在のゴーエンでは個別指導にしております。また、年間10名ほど、個別指導ではないほうが良い生徒様が教育相談でご来校いただくことがあります。そのときは、近隣の他の塾をご紹介しております。塾長自身が八潮市越谷市に40年住んでいるので、生徒様の志望校・成績・性格によってどこが適切な塾かをわかっているためです。

ページの先頭へ