ホーム > 入塾の方法等

入塾の方法等

Q.入塾するためにはどうしたらよいですか?
A.入塾までの流れは①お問い合わせ②体験授業かご面談③授業スタートとなります。まずは048-997-8888にお問い合わせください。ハタ塾新越谷校、ゴーエン八潮校共通の電話番号です。
Q.入塾するとどれくらい成績があがるのですか?
A.一概にはこたえられません。(入塾の時期や入塾時の点数や科目で差がでます。データはとっていますので、ご面談時に平均はお答えできます。)ただ、実際にこれくらい成績があがりました
Q.入塾してから成績が上がるまでにどのくらいかかりますか?
A.一概にはこたえられませんが、入塾後2回の定期テストが終わるころです。よくあるパターンはこのくらいです

   Q.個別指導、集団指導、家庭教師、自立指導どれがよいですか?

A.それぞれ、メリットとデメリットがあります。ただ、23区・八潮・草加・越谷で長年指導してみて、近隣にお住まいの方だと個別指導が適する生徒様が多いです。理由はおって説明いたしますが、 この25年間に塾長畠山が集団指導塾経営も個別指導塾経営も家庭教師派遣センター経営も自立学習塾経営もそれぞれやってみて、公立中学の定期テストが30点~80点の生徒様だと、個別指導で一番安定してどの生徒も成績が上がったからです。
まず、集団指導です。私は東大進学に強い集団塾で指導したこともあり集団指導にも自信があったため、以前、集団塾をやってみたことがあります。集団塾は同じ成績の人が集まって切磋琢磨しあう点がメリットですが、やってみるとだいたい同じ学力である程度少人数でないとそういう状況にはなりませんでした。6人~12人くらいです。ただ、すごい集客力がある集団塾さんは1クラス12人より多いですし、集客力がない集団塾さんですとレベル別にクラスを分けていないので全然違う学力の子が同じクラスにいます。特に中学1・2年生の間は。どちらのケースもクラス内でかなり学力差がある状態です。これではクラス全体の成績を上げるのが構造的に困難です。学力差があっても「点数が60~70点の生徒の成績を上げる」など、焦点をあてた一部の生徒だけを上げることはできます。実際、私はクラスの中の一部の生徒の成績を上げることはできました。ただ、大半の塾講師が学生であることも考えると、学力差があるクラスの全体的な成績向上は現実的には厳しいです。次に家庭教師ですが、まず、塾の講師にくらべて家庭教師の実質平均時給が低いので、一般的に優秀な講師達はまず塾に応募してしまいます。運よく良い家庭教師に当たればいいですが、高い確率では良い先生が来ません。多少いるのですが、その先生のスケジュールはいっぱいになっています。当時、早慶上理GMARCHの大学生中心に400名程度の家庭教師登録がありましたが、良い先生はいったんスケジュールが埋まるとなかなか空かないというのが実情でした。そして、そういう先生は個人で活動していけるので、しばらくして家庭教師登録を解除する傾向がありました。さらに、家庭教師は移動時間があり学生だと1日に1~2人くらいの指導が限度で指導の上達速度に難があります。研修の機会も塾講師に比べて限られています。最後に、特に八潮市に関しては、大学生の数自体がすごく少ないことがあります。当時、これが講師集めに苦労した最大の理由です。良い家庭教師に確率高く当たるために、プロ家庭教師を頼むという選択肢もなくはないのですが、月謝が高額です。最後に個別指導ですが、結局25年間でほぼ全種類の学習塾経営をやってみて、成績のあがる早さ・確率と料金などトータルでみて近隣では大多数の公立中学生にとって1番よい指導形態であったため現在のゴーエン・ハタ塾では個別指導にしております。一方、小さいお子様には集団指導が適切な場面も多々あるため、当社運営のロボット教室は集団指導になっております。また、中高の成績上位者に関しても、自立指導が適切な場面があります。当塾では生徒様にとって1番良かった指導法を残しています。時代が進みテクノロジーが進化するので、1番良い指導形態も今後変わる可能性はあります。

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ